非破壊検査業務

非破壊検査技術装置

NETIS登録番号 KT-130057-V

支柱路面境界部検査システム
キズミー1

掘削せずに鋼製支柱埋設部の腐食を調査

この機器は鋼製支柱路面境界部の検査を行う事を目的とし、地上部からセンサーを接触させるだけで検査する方法をとった新技術です。従来の路面掘削・目視による検査方法と比較して掘削・復旧の工程がなくなるため、工期短縮、安全性及び経済性の向上を図る事ができます。


測定原理

  • 左記の示すように、個体の表面を水平にこするような力を与えているため、表面に平行に振動する横波が発生します。
  • 傷・腐食・または端面から反射した信号を受信し、波形を表示します。
  • SH波(横波)については、約15°の広がりがあります。
測定画面